ホーム > よくあるご質問 > 知りたいけど誰に聞けばいいのか分からないような質問についてお答えしています。
知りたいけど誰に聞けばいいのか分からないような質問についてお答えしています。

知りたいけど誰に聞けばいいのか分からないような質問についてお答えしています。

知ってるようで、実際はちょっと困ってしまう事や、知りたいけど誰に聞けばいいのか分からないような質問についてお答えしています。

 仏事関係

Q1供養とは何ですか?

Q2先祖供養とは何ですか?

Q3法要は何のために行うのですか?

Q4葬儀や法事にご進物でお線香とお金を送るのに「のし」はどのように書いたらよいですか?ご仏前とご霊前の意味がわかりません?

Q5今年、遠い親戚がなくなったのですが、来年のお正月は喪中で過ごした方が良いのでしょうか?

Q6主人の方と私の実家とで宗派が違います、嫁いだら主人の宗派にかえるべきなのでしょうか?

Q7納骨はいつするのですか?

 仏壇・仏具関係

Q1お仏壇は何のためにまつるのですか?

Q2お墓とお仏壇、どちらを先に用意したらいいですか?

Q3お仏壇や仏具を買うのに「いい日」とかは関係ありますか?

Q4お仏壇を買うと不幸なことが起こる?

Q5仏壇の開眼式に、お上人(お坊さん)にお礼金を渡すのにのし袋に何と書いたらよいですか?

Q6お布施は幾らぐらい包めばよいですか?

Q7お仏壇にはどんな種類があるのですか?

Q8新しくお仏壇を購入した時はどうしたらよいですか?

Q9お仏壇の大きさはどう決めますか?

Q10お仏壇は何処に置けばよいのですか?方角とか決まりがありますか?

Q11仏壇は分家では必要ないですか?

Q12長男ではないのでお仏壇はいらない?

 お盆関係

Q1提灯・行灯はいつから飾っていつ明かりをつけるのですか?


 

 仏事関係

Q1供養とは何ですか?

供養とは、お仏壇やお墓、寺院などで、仏さまや故人に供物や花を供え、お経やお線香をあげ、手を合わせおまいりすることです。
仏さまや故人に感謝の気持ちや、自分を含むすべての人々の幸せを祈る行為、また故人の冥福を祈り、その霊を慰めるための行為を供養といいます。

 

Q2先祖供養とは何ですか?

先祖供養とは、自分の家のルーツに感謝する行為です。
今日私たちがあるのは、ほかならぬ先祖の人々のおかげで、ご先祖の誰ひとり欠けても現在の自分は存在しません。
そんなご先祖さまに感謝する行為、これが先祖供養です。

 

Q3法要は何のために行うのですか?

法要とは、故人の冥福を祈り、その霊を慰めるために行ないます。
冥福とは、冥途の幸福のことで、故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が仏さまの供養をいたします。
(また一方で法要は、生きている私たちが在りし日の故人を偲び、故人への感謝の思いを新たに、
充実した日々がおくれるよう自分自身を見つめ直す場でもあります。)

 

Q4葬儀や法事にご進物でお線香とお金を送るのに「のし」はどのように書いたらよいですか?ご仏前とご霊前の意味がわかりません?

一般に四十九日の法要までが「御霊前」・その法要の後(50日目)から「御仏前」になります。これは、仏教では死者が冥途にいくと、
七日ごと(※)に閻魔大王を筆頭にした十王によって審判が行われ、来世の行き先が決まる、とされています。
来世とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天の六道のことです。
(要するに四十九日の法要日に来世の行き先が決まりこの日を境に亡くなった方が霊から仏様に変わると考えられています。)
この審判の日に遺族が供養することによって、その善行を積み重ねた追善(ついぜん)が、故人にも及ぶと考えられています。
(※)四十九日の間、初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)(三十五日)、
六七日(むなのか)、七七日(なななのか)(四十九日)というように、亡くなった命日から数えて七日目ごとに故人を供養します。

 

Q5今年、遠い親戚がなくなったのですが、来年のお正月は喪中で過ごした方が良いのでしょうか?

一般的に亡くなられた方から「二親等」までが喪中となります。ご本人から子・孫、兄弟姉妹、両親・祖父母までを二親等といいます。
(姻族も同様の数え方になります。)

 

Q6主人の方と私の実家とで宗派が違います、嫁いだら主人の宗派にかえるべきなのでしょうか?

一般的には嫁いだら主人の宗派にかえるべきです。昔はかなり厳格にされてきましたが、今の時代は宗教の自由もありますから絶対に変える必要はありません。
現にお寺のご住職の奥様がキリスト教の信者の方が私のお店のお客さまにいらっしゃいます。

 

Q7納骨はいつするのですか?

いつ納骨するかは地方の慣習によって違いがありますが、すでにお墓をお持ちの方は、四十九日の法要と合わせて納骨を行う場合が多いようです。
お墓の手配が間に合わない場合は、百か日、一周忌などの法要に合わせてお墓を手配し納骨します。

 

 

 仏壇・仏具関係

Q1お仏壇は何のためにまつるのですか?

お仏壇は、大切だった亡き人やご先祖様を供養するためにおまつります。
また、ご本尊をおまつりして仏教の教えに触れることも、お仏壇をまつる大切な役割です。
お仏壇は、祈りの象徴であり、精神的なよりどころなり、うれしい時や悲しい時、あなたが亡き人と語らう場所となり、
あなたやあなたの家族の幸せと繁栄を祈り、素直に心を開いて自分を見つめ直す心の支えの場所となります。

 

Q2お墓とお仏壇、どちらを先に用意したらいいですか?

先祖をまつるという意味では、仏壇を先に用意します。いつもそばにご先祖様がいらっしゃると考えれば、朝に夕にご先祖様を拝むことのできる仏壇を、
まず始めに用意するのが大切です。お墓はできれば四十九日の法要までに用意してこの法要のときに納骨をいたします。
お墓の手配が間に合わない場合は、百か日、一周忌などの法要に合わせてお墓を手配し納骨します。

 

Q3お仏壇や仏具を買うのに「いい日」とかは関係ありますか?

お仏壇をお求めになるのに「良い日」とか「悪い日」とかはありません。思い立たれた時にいつ購入しても大丈夫です。
暦をご覧になって「良い日」を調べって購入する日をお決めになる方もよくいらっしゃいます。
ご不幸があった場合は、四十九日の法要までにお求めになるのがよいでしょう。また、お盆、お彼岸、年回忌、家を新築した時にお求めになる方も多いです。

 

Q4お仏壇を買うと不幸なことが起こる?

仏壇を買うと新仏が出るという迷信があるようですが、これは葬儀がらみで仏壇を買うケースが多いことからでた、全く根拠のないものです。
お仏壇は人が亡くなったから必要というものではなく、祈りの象徴であると同時に精神的なよりどころです。

 

Q5仏壇の開眼式に、お上人(お坊さん)にお礼金を渡すのにのし袋に何と書いたらよいですか?

お仏壇開きは、法事を伴わないならお祝いごとになります。
のしのついていない、紅白の蝶結びの水引きの袋を用意します。表書きは「開眼之御祝」、若しくは読経のお礼ということで、
「御布施」もしくは「お経料」でも構いません。

 

Q6お布施は幾らぐらい包めばよいですか?

金額に関しては明確なお答えがございません。お寺様にお尋ねになるのがいいでしょう。
お寺様によっては指定がある場合があります、また「お気持ちで」という場合は、相場として2万円~からが一般的です。
まご自宅でのお開眼の場合、別途(お車代)として5千円位、お昼が近い場合(お食事代)として5千円位を包まれるとよいでしょう。

 

Q7お仏壇にはどんな種類があるのですか?

形式の違いとしては、上置型仏壇、地袋付仏間用仏壇(別台上置)、台付型仏壇の3種類に分けることができます。
作り方の違いとしては、金仏壇、唐木仏壇、新型仏壇(家具調仏壇)の3種類に分けられます。

 

Q8新しくお仏壇を購入した時はどうしたらよいですか?

新しくお仏魂入れ壇を購入したら、菩提寺のご住職に来ていただき開眼供養・入仏式(魂入れ)の読経をお願いするのが習わしです。
これによって単なる物に過ぎなかった仏像や掛軸や位牌が尊い仏様になるわけです。
ご住職に来ていただくのが困難な場合は、新しいご本尊や位牌を菩提寺に持参して開眼供養・入仏式(魂入れ)をしていただき、持ち帰ってお仏壇に安置します。

 

Q9お仏壇の大きさはどう決めますか?

大きさにこだわることなく、家族の方がいつも拝むことができる場所に設置するのが重要です。
地方には、仏間として一室設けているところもかなりありますが、一般的には、あらかじめ決まったところに仏壇を置く場所を確保する事が多いようです。

 

Q10お仏壇は何処に置けばよいのですか? 方角とか決まりがありますか?

毎日おまいりしやすい場所に安置するのが良いでしょう。
もちろん仏間があれば仏間に置き、なければ床の間や押入れの上部、整理タンスの上、また居間のサイドボードなどの上に置いても構いません。
(直射日光の当たる場所や湿気の多いところ置かないでください。)
方角に関しては、色々な説が在りますが、一般的に東・東南・南に向くように置いた方が、家運が上昇し家が繁栄するとされ良い方角とされています。

 

Q11仏壇は分家では必要ないですか?

ご先祖様があってこそ、今の自分がいるのですから、本家・分家ということではなく各家庭に仏壇を祭ってご先祖供養をしてください。

 

Q12長男ではないのでお仏壇はいらない?

次男や三男の家庭では、「実家に仏壇があるから」とか「家族に死んだ人がいないから」といった理由で、
お仏壇は必要ないと考えている人が多いですが、これは間違った考え方です。
自分が長男であっても、次男であっても、ご先祖を供養することは同様に大切なことであり、まして自分の親が亡くなったような場合には、
ぜひ家庭にお仏壇を置いてください。

 

 お盆関係

Q1提灯・行灯はいつから飾っていつ明かりをつけるのですか?

新盆は7月のお盆であれば、7月1日から飾ります。8月のお盆であれば8月1日から飾ります。
新盆でないお盆の場合は、7月13日、8月13日からとなります。

ページトップ