ホーム > よくあるご質問 > お数珠について
お数珠について

お数珠について

数珠(珠数)は念珠ともいい、仏様に合掌礼拝する時、数珠を必ず手にかけます。
数珠は、仏教徒であることを象徴しているものといえます。
数珠のはじまりは、インドで、中国、朝鮮、チベット、日本の北方仏教に普及しました。数珠の基本の数は百八。
これを基本として、持ちやすくする為半分の54ヶ玉、四半分の27ヶ玉、108にちなんで18ヶ玉などの数の数珠が使われます。
人間には百八の煩悩があるといわれています。玉一個ずつが百八の煩悩を司る仏様であるので、人間のあらゆる煩悩を数珠が引き受けてくれます。
ですから、古来より、身を護るための厄除けのお守りとしての役割があります。又、念仏や仏名を唱える回数を数える計算機の役目も持ち合わせています。
仏教徒であるならば、いつも数珠を携帯し、仏様への謝念を表し、信仰のあかしとしましょう。

数珠の形

腕輪念珠(数珠)

数珠の手入れ

珠の素材

数珠の形

男性用数珠
女性用数珠

正式の数珠の形は宗派によって違いますが、一般に使われているものは、108個の主玉(おもだま)と、2個の親玉(おやだま)をつなぎ、
その親玉に弟子玉(でしだま)と露玉(つゆだま)と房をつけます。
 主玉の間に、やや小さい玉を4個入れますが、これを四天玉と呼びます。この玉は、略式の数珠では2個なので、二天玉と呼びます。
真言宗で用いる数珠は、その形から振分数珠とも呼ばれ、真言宗以外でも用いるので八宗用ともいわれます。
(仏教には、八つ宗派があり、そのどの宗派でも使えることから八宗用といいます。)
日蓮宗で用いる数珠は、真言宗が両方の親玉に二つずつの房があるのと違って、片方の親玉に三つの房があります。
浄土宗では、二つの輪違いのものに丸環がついている、輪違い数珠が多く用いられます。
天台宗で用いられているのは、多く平玉です。
略式の数珠は、珠の大きさによって、男性用数珠、女性用数珠、腕輪念珠(数珠)などの種類に分かれ、どの宗派の方でも使えます。
 

腕輪念珠(数珠)

腕輪念珠(数珠)

お釈迦さまの晩年、遠く各地に布教に出かける高弟たちに、愛用していた菩提樹の数珠を形見として分け与えたのが、珠の数の少ない略式の数珠の始まりだそうです。
ところが携帯に便利な略式の数珠でも、日々の生活のなかで、いつも手に持っているわけにはいきません。そこで考え出されたのが腕輪念珠です。
腕輪念珠は、魔除けのアクセサリーとして、あるいは所願成就のお守りとして、手首にするのがブームとなり、大流行しています。

数珠の手入れ

こんなときにご連絡ください!

数珠をつった後は、柔らかい布などで軽くふき取ってください。
木の珠、石の珠いずれも、水洗いや薬品を使うのは避けてください。
数珠をしまっておく時は、数珠袋や桐箱、紙箱に納めておきましょう。
たまに、木の実製のものに、お米の虫などがつくことがあります。防虫剤などを入れておくと安心です。
数珠の紐や房は、繊維の疲労、摩耗などで切れることがあります。
数珠の紐が切れても、縁起が悪いわけではありません。
むしろ、悪縁が切れたことの表れといわれます。
数珠は修理ができますので、珠を紛失しないようにして、中山堂にご相談ください。

珠の素材

珠の素材は、宗派による違いはありませんので、各自のお好みでお選びください。
素材には、次のようなものがあります。

■木の実[菩提樹]■ お釈迦さまが、その下で悟りを開かれたという菩提樹。その実でつくられた数珠は尊ばれ、
経典にも「無量の福、最勝の益」を得ると説かれています。
星月菩提樹、金剛菩提樹、鳳眼菩提樹、龍眼菩提樹、天竺菩提樹などの種類があります。

■木■ 木の素材は、紫檀、黒檀、鉄刀木、梅、柘、竹、などなど、いろいろあります。
香木には伽羅、沈香、白檀などがあります。
また、羅漢や骸骨を彫った数珠や、お寺の改築のときに出た古材で加工された数珠を記念品として配ることもあります。

■石[宝石、貴石]■ 宝石には、ヒスイ(翡翠)、メノウ(瑪瑙)、サンゴ(珊瑚)、水晶、ルリ(瑠璃)〈ラピス〉
コハク(琥珀)、真珠などなど、いろいろあります。
ヒスイ(翡翠)は、神秘な緑の光を放ち、太古から霊力の宿る宝石といわれ、邪気を払う働きがあるとされています。

水晶にも魔除けの働きがあるそうです。

その他には、象牙や水牛角、シャコ貝等など他にもたくさんの種類があります。

ページトップ