ホーム > よくあるご質問 > お香について
お香について

お香について

お香の原材料として使用される天然香料の中には、香辛料あるいは漢方薬として私たちが日頃から親しんでいるものも多くあります。

香料には植物性のものと動物性のものがあり、これらは中国やインド・東南アジアを中心に産出されますが、天然のものだけに入手困難な原料も少なくありません。

ここでは、数百種類ある原料の中から代表的なものをご紹介します。   

薬研(やげん)

漢方薬や香料などを

細かく砕くための道具。 

 

香木(こうぼく)

原産国:東南アジア・インド 

沈香と白檀の2種類が代表的。沈香の中でも、伽羅は古来より最上の香りとして珍重されてきた。 

香木の代表的なもの 

伽羅 最高級の優雅な香り

沈香とほぼ同様の生成過程を経るが、香気や油質の違いにより沈香と区別され、古来ベトナムの限られたところから産出される。香道でじゃ沈香を六国(伽羅・羅国・真那賀・真南蛮・佐曽羅・寸門多羅)に分類するが、その中で最も品位の高いのが伽羅とされている。現在では採取が非常に困難になっているため、いっそう貴重な香木となっている。 

沈香 奥ゆかしい気品ある香り

ジンコウ属の樹木に、様々な外的要因によって木質部に樹脂が凝結し、樹木自体が枯れていく過程で熟成されてできる。「水に沈む香りのする木」ということから「沈水香木」(略して「沈香」)と呼ばれる。東南アジアの全域で産出され、薫香料のほか、薬用としても古来から知られている。 

白檀 清々しい香り

インド・インドネシア・マレーシア等で栽培されている。その中でもインドマイソール地方のものを「老山白檀」と称し、品質最佳である。薬用、薫香用、彫刻工芸品、扇などの細工物にも使われ、最もポピュラーな香木として親しまれている。 

 

桂皮(けいひ)

原産国:中国南部・ベトナム・スリランカ 

シナニッケイ、セイロンニッケイ(クスノキ科)の樹皮を乾燥したもの。薫香料やお菓子のフレーバーとして親しまれている。 

 

大茴香(だいういきょう)

原産国:中国南部(広西・広東・雲南・福建省) 

ダイウイキョウ(シキミ科)の果実を乾燥したもの。八角茴香ともいう。中華料理の香味付けには欠かせない香辛料である。 

 

丁字(ちょうじ)

原産国:モルッカ諸島・ザンジバル 

チョウジノキ(フトモモ科)の花蕾を乾燥したもの。香辛料として広く用いられるほか、薬用としても用いられる。インドネシア産のタバコ『ガラム』のフレーバーにも使われている。 

 

乳香(にゅうこう)

原産国:アフリカ東北部・アラビア海沿岸部・ソマリア 

ニュウコウジュ(カンラン科)の幹から侵出した樹脂。キリスト教の儀式における焚香料としても知られている。 

 

沈薬(もつやく)

原産国:アフリカ東北部・アラビア海沿岸部 

カンラン科の植物の皮部の傷口から流出して凝固した樹脂。重要な薫香料であり、古代エジプトではミイラの防腐剤としても用いられた。 

 

安息香(あんそくこう)

原産国:スマトラ 

アンソクコウノキ(エゴノキ科)の幹を傷付け侵出した樹脂。 

 

竜脳(りゅうのう)

原産国:スマトラ・ボルネオ・マラヤ 

リュウノウジュ(フタバガキ科)の心材の空隙に結晶として析出する。薫香料や防腐剤として用いられる。 

 

貝香(かいこう)

原産国:モザンビーク 

中国南海・紅海に産する巻貝の蓋で、日本産のバイ貝の一種。主に保香剤として用いる。アラブ、イスラム教の儀式で用いられてきた。 

ページトップ