ホーム > よくあるご質問 > お位牌について
お位牌について

お位牌について

お牌とは、死者の戒名、法名を記した木牌のことです。

用途別に分類すれば、葬儀の時に使用される白木の野位牌、四十九日の忌明け後に仏壇に祀られる本位牌(塗位牌、唐木位牌)、寺院内や寺院位牌堂で用いられる寺院位牌などがあります。

 

仕様で分類すると白木位牌、漆を塗り金箔や金粉などで加飾した塗位牌、黒檀や紫檀などで作られた唐木位牌などがあります。

形式で分類すると、台座に札板が付いた板位牌、台座に板が数枚入った箱が付いている回出位牌(くりだしいはい)などがあります。

 

位牌は、中国儒教で先祖祭祀の時に使用される位版(いはん)、神主(しんしゅ)などに起源があるとされます。

この儒教儀礼の影響を受けた禅宗が鎌倉時代日本に伝わり、それと共に位牌が日本でも使われるようになったといわれます。

また仏教で用いられるトーバの形と合わさって、今日の位牌の形になったとされています。

 

お位牌の書き方(本位牌)

本位牌は四十九日までに準備 

お位牌の種類

法要と位牌

戒名とは

なぜ戒名を付けるのか 

院号とは

 

お位牌の書き方(本位牌) 

このように作らなければならないといった決まりはありませんが、一般には表面に戒名、裏面に俗名、没年月日、享年を記入します。 亡くなった日がすぐ分かるいうことで、表面に没年月日を記入することもよくあります。 白木のお位牌のスタイルを尊重して作らせてもらっていますが、こだわる必要はありません。 

戒名の頭に"新帰元"とか"新円寂"とか"遷化"とかの文字が付いていることがあります。 文字通り "仏の世界に旅立たれた" といった意味で戒名を構成する文字でありませんから、位牌を作るときにはカットされます。

名前の下に"事"という字が付いていることがあります。 と書かれていたり と書かれていることもあります。 どの文字であっても "こと" と読みます。 そのまま使用されますが、省略しても構いません。

後々分かりやすいということで、続き柄を、例えば、○○ノ妻 とか ○○ノ父 とか書かれる方もいらっしゃいます。 無理に書く必要はありませんが、書くとすれば裏面の適当なスペースが利用されます。 

また、お位牌のサイズはお仏壇に入るものでご先祖様が一番大きく次に初代、次に2代目、3代目と順番に小さく成っていきます。(同じ大きさでもかまいません)

 

本位牌は四十九日までに準備 

本位牌は、四十九日までに作るのが一般的です。

四十九日とは七七日(しちしちにち)のことで、死後の霊の行き先が決まる日とされており、この日を境として白木位牌から本位牌に代えます。

仏教の死後観では、四十九日がひとつの境となります。死後七日ごとに生前の罪障審判があり、七回目、つまり四十九日目の審判で次に生まれ出るところが決まります。

この四十九日間を中有(ちゅうう)と呼びます。ちなみに三十五日目は閻魔大王のお裁きがあるために、初七日、四十九日と並んで三十五日(五七日)は重要な法要とされます。

 

有(う)という言葉は、存在するということです。

有情(うじょう)といえば人間のことであり、有縁(うえん)といえば、仏の教えを聞いて悟りを開くことのできる人のことです。

 人が生まれて死に、次に生まれるまでの間は「四有」といわれます。

まず受胎した瞬間が「生有(しょうう)」、生まれてから死ぬまでが「本有(ほんぬ)」、死の瞬間が「死有(しう)」、そして死んでから次の生を受けるまでが「中有(ちゅうう)」です。

中有は中陰とも呼ばれ、四十九日の間が中陰であり、七日ごとの審判が終了するので、満中陰とは四十九日のことをさします。 

 

お位牌の種類  

お位牌は、形状と機能により板位牌と繰出位牌(くりだしいはい)に分類することができます。  

 

■ 板位牌 ■ 板位牌には、塗り位牌、唐木位牌、白木位牌と3種類あります。塗り位牌には漆や金箔が施されています。 唐木位牌は素材が黒檀とか紫檀とかの銘木によるものです。 白木位牌は塗装のない白木地のままのお位牌で野辺位牌とも呼ばれます。

葬儀の時に準備されるのが白木位牌で、忌明けの49日法要まで家でおまつりします。 人は死して49日間は行き先が定まらない「転生」の期間だという考え方があります。 つまり白木位牌は49日間だけの仮のお位牌で、転生(成仏)したとされる49日法要をもって本位牌である塗り位牌か唐木位牌に作り直すのが習わしとなっています。 

■ 繰出位牌 ■ 常、屋根と扉が付いて中に6~10枚の薄木の板が収納されており、これに戒名・法名を墨書します。 古いお位牌がたくさんある場合、ひとつにまとまり便利です。 49日間の白木位牌を経て、板位牌で30年か50年おまつりし、その後繰出位牌に移行するのが標準的な手順ですが、地域や宗旨によっては、49日で繰出位牌に書き写す場合もあります。

 

法要と位牌  

位牌が庶民の間に広がったのは江戸時代からで、直接的には檀家制度が位牌普及の原動力となり、檀家制度により檀家は檀那寺(所属寺院)が決められ、先祖供養を行うことが社会の仕組みとして指導されていきました。

 

この時代、先祖の年忌には僧侶を呼ぶことが広まり、その際の供養具として位牌は欠かせないものとなったのです。

位牌祭祀が先祖供養の中心となった江戸時代中期には、庶民も高位戒名を望むようになり、位牌を中心とした年回忌法要と戒名の付与が、寺院経済を支える基盤となりました。

 

また、社会制度が安定した江戸時代には家産が生まれ、家督相続の象徴が位牌となりました。葬儀の際の「位牌持ち」は、現在に至るまで家督相続者が担うことが多いです。 

 

戒名とは 

戒名とは元来、仏教者として守るべき生活や心の規範を受けた者に対して授けられる名前です。現在では亡くなってから戒名が授けられるというのが一般的ですが、本来は生きている間に戒を受け、仏教者としての生活を送ることが理想であり、実際に大半の寺院では、生前に戒名を授けること(生前戒名)を行っています。  

 

なぜ戒名を付けるのか

本来ならば、生前に戒を受けて戒名を授かるのが理想ですが、大半の人は亡くなってから戒名を受けます。

仏教式の葬儀では当然のことながら仏教僧侶が式を取り仕切り、引導が死者に対して渡されます。

「引導を渡す」といえば「縁切り」の代名詞のように使われていますが、俗世間から浄土へと引き導くことが、引導の本来の意味で、僧侶は亡くなった人を葬儀を通じて仏の世界、すなわち彼岸へと送り出します。

仏の世界に往くのに俗名のままでは行けない、ということで死者に戒を授け、戒名を付けることで浄土へと送り出すわけです。  

 

院号とは

院号は元来、天皇が退位した後に住んだ屋敷の名前から起こったもので、平安時代に嵯峨天皇が御所を「嵯峨院」と名付けたところから始まったとされます。

戒名の敬称になったのは、一寺院を建立した貴人の敬称に用いたのが起源とされます。

従って本来は、相当の地位や身分、功績のあった人に与えられるものなのです。  

ページトップ